EU(欧州連合)加盟国で製品を流通・販売する際に、安全基準適合を示すCEマークが必要になります。株式会社テンダーラビングケアサービスでは、欧州で必要なCEマーキングの取得支援をおこなっております。

ガス機器規則(EU)2016/426に基づくCEマーキング

ガス機器規則(EU)2016/426

ガス機器規則(EU)2016/426の概要

ガス機器規則(EU)2016/426はガス燃料を使用する機器およびその器具に適用されます。
欧州市場においてガス機器や器具の製造者が自社製品の販売を行う場合、ガス機器規則(EU)2016/426の要求事項を満たす必要があります。要求事項を満たした時点でCEマーキングを貼付することが出来、欧州での販売・流通が可能となります。
ガス機器規則(EU)2016/426の要求事項は、EU内及び欧州経済領域(EEA)のすべての国で、同じく適用されます。

ガス機器規則(EU)2016/426の歴史

機械指令2006/42/ECの目的

ガス機器規則(EU)2016/426の元となるガス機器指令2009/142/ECは1990年に施行されました。その後1993年に修正が加えられ「CEマーキング」指令となり、他のCEマーキング指令との整合性が強化されました。2009年末に欧州委員会はガス機器指令2009/142/ECを発表しました。発行は2010年1月5日でEU内で販売・流通する全てのガス機器は指令で定められた要求事項に準拠しなければならなくなりました。
ガス機器指令の施行後わかったのは、特に定義と適用範囲を明確にし法的安定性を確保するためにいくつかの変更が必要であるということ、更にEU全域に適用されている規格に準拠するように機器を設計するには、現在告示されている情報では不十分である場合が多いということでした。こうしたなか、2018年4月21日からは、ガス機器指令2009/142/ECに代わり新たにガス機器規則(EU)2016/426にアップデートされ、新たな規則への適合が求められることとなりました。

主な変更点は、下記の通りです。
・指令がより強制力のある規則に置き換わりました。
・器具類もCEマークの貼付が必要となり、ガス機器と同じ適合性評価を受けなければならなくなります。
・安全装置、制御装置、調整装置とそのサブアセンブリなど、機器製造業者向け中間製品にもCEマークの表示が必要になります。
・製造事業者は、GAR順守の一環として自身の機器や器具のリスク評価を実施して文書に記録することが求められます。

ガス機器規則(EU)2016/426の対象

機械指令2006/42/ECの適用範囲

下記の製品が対象となります。
・ガス燃料を使用する機器及びその器具
・EU圏外の国から輸入される未使用機器または中古機器
・遠距離販売含を含む、あらゆる形態の供給

 

 

ガス機器規則(EU)2016/426の適用範囲外

「機器」と「器具」に適用されるもので次のものは対象から除外されています。
・工業工程用に設計された工業施設において稼働する製品
・航空機及び鉄道で使用される製品
・研究施設で一時的に使用される研究用の製品
・歴史的価値を有する機器で、使われていないもの
・素人が自作し、自家用としてのみ使用するもの

ガス機器規則(EU)2016/426への適合手順

下記に、ガス機器規則(EU)2016/426に適合させるために「製造者が実施しなければならないこと」を簡易的にまとめさせていただきました。

製造者が実施しなければならないこと

 

1、製品に適用される規則/指令・整合規格の特定

製品に適用される規則/指令(ガス機器規則以外も含む)及び整合規格の特定を行う。

2、リスクアセスメントを実施し、その結果を文書化する

製品のリスクアセスメントを実施し、必要に応じてリスクの排除、又は低減(製品の修正、安全装置の追加、警告ラベルの貼付、取扱説明書への警告文の追加など)を行います。リスクアセスメントの経過および結果は必ず文書で記録します。

3、製品に適用される整合規格に基づく製品チェックを行う

製品に適用される整合規格(EN規格)を決定し、その規格に基づいて必要な試験・評価を行い、テストレポートを作成します。直接その製品の安全を取り扱う整合規格が存在する場合はその規格を使用します。直接取り扱う整合規格が存在しない場合は、広範な機械に適用される様々な安全の側面や試験方法を定めた複数の整合規格を使用します。

~例~
EN60204-1「機械の安全性-機械の電気機器-第1部:一般要求事項」
ISO 13849-1:2006「機械類の安全性-制御システムの安全関連部-第1部:設計のための一般原則」

4、テクニカルファイル(技術文書)の編纂

ガス機器規則(EU)2016/426への適合を示す証拠文書としてテクニカルファイル(技術文書)を編纂します。テクニカルファイル(技術文書)は最後の製品を市場に置いてから、最低10年間保持しなければなりません。また、テクニカルファイル(技術文書)は、輸出先国の管轄当局や(Notified Body:通知機関)から要請があれば、いつでも速やかに提出しなければなりません。

5、EC適合宣言書の作成

ガス機器規則(EU)2016/426が定める内容を含むEC適合宣言書を作成します。

6、CEマーキングの貼付

製品にCEマーキングを貼付します。

<注記>
ガス機器規則(EU)2016/426以外に適用される指令(EMC指令2004/108/ECなど)がある場合は、製品が適用を受けるすべての指令の要求事項を満たしてからCEマーキングを貼付しなければなりません。

弊社のサービス内容

無料電話相談・無料面談はこちら

海外認証コーディネーターによる無料電話相談・無料面談を行っております。
*面談は予約制になります。

お気軽にご連絡ください。

TEL 03-6226-2970

受付時間 9:00 – 18:00 (土・日・祝日除く)

株式会社テンダーラビングケアサービス
グローバル戦略ユニット
TEL 03-6226-2970 受付時間 :9:00~18:00 (土・日・祝日除く)
global@tenderlove.co.jp

CEマーキングの手引書

CEマーキングの実務の基本

PAGETOP
Copyright © Tender Loving Care Services co.,ltd All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.