CEマークとは、EU加盟国に製品を輸出する際に、安全基準を満たしていることを証明するマークです。テンダーラビングケアサービスでは、CEマーキングの支援サービスを行っております。

CEマーキングとは何か?

  • HOME »
  • CEマーキングとは何か?

 はじめての方

 


「CEマーキング」とは何か?

 

「CEマーキング」とは何か?

簡潔にお答えさせていただきます。

 

CEマーキングとは、製品を欧州(EU)に輸出する際、必要になるものです。CEマーキングは、輸出したい製品が適用を受けるすべての欧州規則・指令(法律)が要求することを満たした証として、製品に貼付することが義務付けられています。

製造者は、製品にCEマーキングすることにより、欧州(EU)に製品を輸出することができ、欧州(EU)域内全域に製品を自由流通させることができるようになります。

CEマーキングの貼付は義務になりますので万が一、CEマーキングがなかった場合、CEマーキングがあっても適切な評価と必要なドキュメントを作成していない場合、そしてCEマーキング貼付が必要のない製品にCEマーキングした場合は処罰の対象となってしまいます。具体的には、欧州(EU)加盟各国の法律、によって罰金・禁固、製品販売の中止、製品の全回収などの罰則が課される厳しい法律になります。

 

EU(欧州)

逆に、CEマーキングは「何ではない」のでしょうか?

CEマーキングとは「何ではない」のでしょうか?

 

「CEマーキングとは何か?」

を理解するために、まず最初に、

「CEマーキングは何ではないか?」

を明らかにすると分かりやすくなります。

「闇があるから光があり、光があるから闇がある」

つまり、対照的なものや逆を考えることで、理解が深まるという考え方です。

さて、それでは、CEマーキングは「何ではないのでしょうか?」

・CEマーキングは、製品の品質を保証するものではありません。

・CEマーキングは、JISなどの工業・技術規格ではありません。

・CEマーキングは、第3者認証機関からのお墨付きではありません。

・CEマーキングは、かっこいいデザインではありません。

・CEマーキングは、ISO9001のようなものではありません。

・CEマーキングは、許認可認証のマークではありません。

CEマーキングについて「最もわかりやすい情報」を提供していきます。

CEマーキングについて「最もわかりやすい情報」を提供していきます。

CEマーキングとは、正確に言えば、製品が適用を受ける欧州(EU)の法律のすべてを満たしたことを証明するものとして、製品に貼付することが法律で義務付けられているものです。

製造者は、製品にCEマーキングすることで、欧州(EU)全域に製品を輸出することができるようになります。

このページは「CEマーキング適合支援サービス」を行っている株式会社テンダーラビングケアサービスのグローバル戦略推進室によって作成・運営されているページになります。

515d39d86fc439347d4701ee1e333ff5_s

日々、CEマーキングに関する最新情報を盛り込んで更新しているので、情報の鮮度は抜群です!

このページは、はじめて、CEマーキングについて調べようとする人が、

「CEマーキングってそういうことだったんだ!」

と腹落ちして理解してもらえることを目的としています。

そして、どこよりも詳しいCEマーキング情報を目指しています。

もし、

「理解している暇はない。実務ですぐにCEマーキングに対応しなくちゃならないんだ!」

とお急ぎの方は、こちらの電話番号にお問い合わせください。

今すぐに電話する⇒03-6226-2970

CEマーキングの実務に関する専門知識と経験を持つ弊社の「海外認証コーディネーター」が対応させていただきます。

CEマーキング

 

たくさんの分量になってしまったので「目次」をつくりました

それから、このページはCEマーキングに関するかなりの知識と情報を盛り込んでいますので、もしかしたら、迷ってしまうことがあるかもしれません。

下記にインデックスをつくりましたので、活用してください。

48c39cc695f6386edad355d2d31fcc13_s

CEマーキングに関する「よくある質問」

さて、あなたはCEマーキングという「普段、聞き慣れない言葉」を聞いて、このような疑問があるのではないでしょうか?

よくあるCEマーキングに関する「現場の疑問」

 

以下に、弊社に寄せられるCEマーキングに関する「よくある質問」を紹介します。

CEマーキングに関する「よくある質問」

  • CEマーキングって何?どこに聞いて何を調べれば、それが理解できるの?
  • Google(グーグル)やYahoo!(ヤフー)などの検索エンジンで「CEマーキング」を調べてみた。でも、たくさんの情報があり過ぎて、何を信じたら良いのかが分からない・・・。
  • JETRO(ジェトロ)などの国の相談機関に相談してみて、CEマーキングに関する一般的な概要はなんとなく理解できた。でも、肝心の自社の製品が具体的に何をしなければならないのかが、さっぱり分からない・・・。
  • CEマーキングのサポートをしてくれる様々な専門機関(コンサルティング会社、認証機関、試験機関、個人コンサルタントなど)に相談してみたが、CEマーキング取得までにかかる「費用」や具体的な作業の進め方、取得までの「期間」の見積が様々で混乱してしまう・・・。
  • お客さんから「CEマーキングしてくれ」と言われているけど、具体的にどうやってCEマーキングしたらいいのか、全く分からない・・・。
  • CEマーキングしないで輸出してしまった場合、自社にどんなデメリットがあるんだろうか?
  • CEマーキングについて、上司や外部の協力業者に説明しなければならない。でも、断片的な情報が多すぎて、なかなか腹落ちしない・・・。
  • そもそも自社の製品には、CEマーキングを貼付する必要があるのだろうか?
  • CEマーキングするためには、具体的に何をすればいいのか?専門的なことが多すぎて分からない・・・。
  • CEマーキングするために、自社の製品の場合は具体的にどれくらいの「費用」と「期間」がかかるのか?
  • できるだけ忙しい現場の設計者に負担をかけたくないのだが、CEマーキングを取得する場合、どれくらいの「労力」が必要となるのか?

これらの質問は日々、当社に寄せられる相談内容の一部になります。

ご覧のように、CEマーキングは日本だけでなく、EU(欧州)域内においても「誤解」や「混乱」を生じることが多いものになります。

このページでは、はじめてCEマーキングに取り組む方々に最低限知っておいてもらいたい「CEマーキングの基礎知識」について解説していきます。

CEマーキングはEU(欧州)への輸出に必要となる法律です。

正確な情報と知識を得ながら、実務を進めていくことに役立ててください。

CEマーキングとは何か?

CEマーキングとは何か?

CEマーキングとは一体、何なのでしょうか?

CEマーキングとは、1993年に始まったEU(ヨーロッパ)の法律のことです。

CEマーキングの最大の目的は、下記の3つになります。

  1. 欧州経済地域(EEA)に加盟しているすべての国において、各国ごとの異なる安全認証手続に煩わされることなく、製品を自由に流通・販売することを可能にすること。
  2. 企業に同じルールを課すことにより、公平な競争を促すこと。
  3. 製品の消費者、使用者が同じレベルの健康、安全、環境に関する保護を享受できるようにすること。

つまり、製造者は、製品にCEマーキングを貼ることにより、製品が適用を受けるすべてのEU整合法令(EUの法律)の要求事項を事前に確認・評価し、製品がEU整合法令の「必須要求事項(必ず守らなければならないこと」を満たしていることを自らの責任において、宣言していることになるのです。

CEマーキングをした結果として、製造者はEEA(欧州経済地域)-欧州連合加盟28ヶ国とEFTA(欧州自由貿易連合)であるアイスランド、ノルウェー、リヒテンシュタイン、そして、EU加盟候補国であるトルコ内において、製品の自由流通が認められます。このルールはEEA域内、EEA域外の国を問わず、すべての国の製造者に適用されるものになります。

ただし、一つ注意をしていただきたいことがあります。

すべての製品にCEマーキングが要求されているわけではありません。CEマーキングが要求されていないのに、製品にCEマーキングした場合は罰則が課されます。

製品カテゴリーごとに定められている指令(加盟国がそれぞれ国内法とすることが求められるもの)がCEマーキングを要求している場合、製品にCEマーキングを貼付する義務があります。

現在、CEマーキングの貼付が義務付けられている製品は、医療機器、産業機械、産業機器、低電圧機器、計量器などの産業用製品から、玩具、パーソナルコンピューター、携帯電話、照明器具などの消費者用製品に至るまで、非常に多岐に渡っています。

EC委員会が発行しているEUの製品規則を正しく理解して、導入するためにガイダンスである「ブルーガイド2014」の中に書かれている表記に従えば、CEマーキングは下記のように定義されています。

法律用語なので、ちょっとカタい表現ですが確認してみてください。

4.5.1.CEマ-キング

4.5.1.1.CEマ一キングの定義及び役割

• CEマ一キングとは、製品に適用されCEマ一キングを規定するEU法令に製品が適合していることを表すものである。

• CEマ一キングは、製造国がEEA、トルコ、又は他国かどうかに拘わらず、EEA及びトルコに上市される製品に貼付される。

CEマ一キングは、製品のEU法令への適合を示す鍵となる表示であり(しかし、証明ではない)、製品がEEA、トルコで製造されるか又は他の国で製造されるかに拘らず、製品の欧州市場内の自由移動を可能にするものである。EEA加盟国(EEA—EU加盟国及びいくつかのEFTA国:アイスランド、ノルウェー、リヒテンシュタイン)は、製品不適合の証拠に基づく措置が正当化されない限り、CEマ一ク表示製品の上市を制限することは容認されない。これは、また、製品が第三国で製造され、EEAで販売される場合にも適用される。

CEマ一キングは、製品がEUで製造されたことを表すものではない。CEマ一キングは、当該EU整合法令文に規定された要求事項への適合を表すものである。そのため、他の関係者(例えば、流通業者)だけでなく加盟国当局にも必要不可欠な情報であると考えられている。CEマ一キングは、商業目的に使用されるものではなく、販売ツールではない。

CEマ一キングは、広義の適合性評価を含む全体手続きの「目に見える結果」であり、製品がEU整合法令に適合していることを製造者によって宣言されることを示している。

*出典:The ‘Blue Guide’on the implementation of EU product rules 2014

CEマーキングに関する「現場の課題」とは?

CEマーキングに関する問題

欧州各国の認証手続きに煩わされることがない単一市場をつくることを目的に、CEマーキングが導入されてから20年以上が経ちますが、欧州現地においてもいまだに、CEマーキングの「誤用」や「混乱」が存在しています。

欧州現地でもそんな状態なので、この日本においてはそれ以上です。

以前に比べれば、日本企業の中に、欧州のEN規格、IECやISOなどの国際規格に精通した設計者が増えてきました。しかし、まだまだ、国際規格を使う上での大前提となる「法律そのものの適用と運用」に関する体系的な情報が少ないので正直、この日本においては、CEマーキングに関する理解が遅れていることが現状です。

その結果、CEマーキングに取り組む企業の現場では、このような「混乱」や「不安」が生じています。

現場の課題解決

  • 業務をコンサルティング会社に依頼したんだけど、コンサルタントの話す言葉とその内容がさっぱり分からない。専門的な言葉が多すぎて正直、何を言っているのかが分からないよ・・・。
  • CEマーキングするためには、技術文書(テクニカルファイル)を作らなければならないとコンサルタントから言われたんだけど、作り方が分からない。法律に書かれている目次みたいなものを渡されたんだけど正直、これじゃあ、どうやって作っていいのか分からないよ・・・。しかも、英語で作らなきゃいけないんでしょ?
  • コンサルティング会社とから試験会社に見積を依頼したけど、出てきた見積金額と業務内容が違う。なんど、こんなに違うんだろう?それから「なんで、その業務内容が必要なのか?」対する根拠と説明が曖昧で「本当に大丈夫か?」と心配になってしまうよ・・・。一体、何を信じたらいいんだろうか・・・。
  • お客さんが「CEマーキングしてくれないと買わない」と言ってるんだけど、具体的に何をしなければならないかが分からない。お客さんも「CEマーキングしてくれ」としか言わないので、困っちゃうよ・・・。
  • 税関で製品が止められた。どうやら「CEマーキング」していることの証明書類であるEC適合宣言書というものに書かれている内容が問題らしい。こういった場合、どうすればいいんだろうか・・・。

弊社の「CEマーキング適合支援サービス」の特徴

貴社の代理人として、CEマーキング取得(正しくは適合)を支援します

そこで、当社は現場の目線から、CEマーキングなどの認証取得支援を行うための機関と人材ネットワークである「CEマーキング適合支援サービス」を立ち上げました。

「CEマーキング適合支援サービス」とは簡単に言うと、認証支援業務における「アスクル」のようなものです。

アスクルは最初、自社の事務用品を販売していましたが今では、様々なメーカーの製品を取りそろえて販売しています。その結果、私たちは様々なメーカーに個別に注文をすることの煩わしさから解放され「仕事の目的を達成させるための手段」として、必要な時に必要なだけ、文房具などのオフィス用品を調達できるようになりました。

CEマーキングも考え方は同じで、CEマーキングはビジネスの目的を達成させるための手段として取り組むものです。

しかし、CEマーキングを取得するため(正しくは適合といいます)には、指令(EU加盟各国の法律より上位の法律)への理解、整合規格への理解、必要なドキュメントの作成、そして必要な試験の手配など多岐に渡る専門機関、専門家、そして専門知識を結集させなければなりません。

そこで、重要になってくる仕事が企業の立場に立って、CEマーキングするための法的根拠を確認し、丁寧に説明しながら専門機関や専門家、そして専門知識をまとめ上げることのできる海外認証コーディネーターの存在です。これを例えるなら、「CEマーキングをはじめとした海外認証業務を支援するための弁護士集団」というイメージです。

弊社の「CEマーキング適合支援サービス」の他との「違い」は?

弊社の「CEマーキング適合支援サービス」と他とのサービスの最大の「違い」は、

「わかりやすさ」

にあります。

この「わかりやすさ」という言葉の意味は「製造者自らが説明することができる」ということです。

実は、これは見落としがちなことなのですが、

「製造者自らが説明することができる」

ということは、CEマーキングにおいては、決定的に重要なことなのです。

なぜなら、CEマーキングは製造者に対して、

・製品が適用を受けるすべての法律に基づく評価を正しく行うこと

それから、

・評価した内容をドキュメントとして残すこと

そして、

・その内容を製造者自らが説明できること

を求めているからです。

よくあるCEマーキングの失敗例として、すべてを外部業者に委託していて、内容を製造者が全く把握していないということがあります。

これはとても危険です。

なぜなら、法律では、CEマーキングすることの責任は製造者にあると明確に規定されているため、その内容を肝心の製造者が把握していないということは、把握していないことのリスクを製造者が負っているということなのです。

このような場合、製造者は、本当に正しくCEマーキングされているのかを評価することもできませんし、万が一、欧州加盟各国の規制当局や顧客から、CEマーキングに対する疑義が申し立てられた場合、製造者自らが適切に対応することができなくなってしまいます。

製造者自らが適切に対応することができなければ、CEマーキングには製品の使用停止、リコール、罰則規定がありますので、最悪の場合には、大きな損失につながってしまう恐れがあります。

弊社では、CEマーキングを支援する手順を通して、その内容を確実に製造者のものにしていただくために、すべての業務手順を誰でも理解し、使えるようなツールやチェックリストに落とし込んでいます。

これがあることにより、CEマーキングすることに必要な業務のすべてが効率化され、お客様の貴重な時間を無駄にしなくて良くなります。

また、必要なことがツールやチェックリストに落とし込まれているので、CEマーキングの担当者がCEマーキングを行った後に、社内外に説明することが簡単になります。

CEマーキングは法律ですので本質的には、どの業者が支援を行っても「違い」はないはずです。

しかし、業界的に、これまでのCEマーキング適合支援サービスには「外部業者任せ」、「わかりにくさ」といった課題点が存在していました。

弊社のCEマーキング適合支援サービスでは、ここを抜本的に変えていくことに挑戦します。

具体的には、CEマーキングすることに必要な全ての業務手順の「わかりやすさ」を徹底的に追求することにより、CEマーキングを求めるすべての製造者に「業務の効率性と納得感」、そして「説明できる正しさ」を提供することをお約束いたします。

以下の図はCEマーキングなどの海外認証適合を支援するための「CEマーキング適合支援サービス」のサポート内容を概念図としてあらわしたものです。

プロフェッショナル・キャリア・バンクのサービスコンセプト

プロフェッショナル・キャリア・バンクのサービスコンセプト

「煩雑な業務をシンプルにすること」、「難しい法律用語や規定をやさしく解説すること」、「CEマーキングについて理解しながら業務を前に進めていけること」を常に心がけてサポートを行って参ります。

CEマーキングの基礎知識

CEマーキングの基礎知識

あなたの製品にCEマークを貼付するための最大の近道とは、あなた自身が、

「CEマーキングのことを正しく理解すること」

にあります。

なぜなら、CEマーキングとは「技術の話」ではなく、製造者自身の責任で

貼付することが要求されている「法律の話」だからです。

弊社のページも含めて、インターネットで検索すると様々な情報を入手することは可能ですが、くれぐれもそこで得た情報を鵜呑みにして、

「ここに書いてあるからたぶん、うちの製品はこれで大丈夫だろう」

と何の法的根拠もなしに、独自の解釈をすることは非常に危険です。

CEマーキングは欧州の制度・仕組みですので、一番信頼できる情報源は欧州のEC委員会が発行している情報源になります。

また、CEマーキングを誤用または悪用した場合には法律違反となり、製造者または代理人は製品の使用停止、市場からの回収、そして悪質な場合には刑事罰が課せられることになっています。

したがって、あなたがどれだけCEマーキングに対して、費用と時間をかけたとしても、その内容に疑義が生じてしまえば再度「やり直し」をしなければなりません。「やり直し」に要する費用と時間、そして何よりもその労力は膨大なものになります。

最初のうちは多少、面倒かもしれませんが「法律的な根拠」を自ら持ち、CEマーキングを正しく理解した上で実務を進めることができれば、CEマーキングすることは決して難しいことではありません。

それでは以下に、CEマーキングの「重要ポイント」について解説していきます。

CEマーキングは「欧州(EU)の法律」です。

lgi01a201402242100

CEマーキングは「欧州(EU)の法律」です。

CEマーキングとは、欧州委員会(European Commission)が制定したニューアプローチ指令と呼ばれる「欧州共通の法律」に対して、対象製品が「製品の使用者及び消費者の健康と安全保護などを規定した各指令の必須要求事項」を満足していることを示すマークのことです。

CEマークが貼付された製品は、欧州経済地域(EEA)及びトルコにおいて、各国ごとに異なる安全認証手続に煩わされることなく、自由に流通・販売することが可能になります。

欧州経済地域(EEA)とは?

欧州経済地域(EEA)とは?

欧州経済地域(EEA)とは、欧州自由貿易連合(EFTA)加盟国が欧州連合(EU)に加盟することなく、EUの単一市場に参加することができるよう設置された枠組みのことです。

<現在、EEA参加国は31ヶ国>

■EU加盟国(現在、28ヶ国)

アイルランド、イタリア、英国、エストニア、オーストリア、オランダ、キプロス、ギリシャ、クロアチア、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、ルクセンブルク

■スイスを除くEFTA加盟国(現在、3ヶ国)

アイスランド、ノルウェー、リヒテンシュタイン

■スイス

スイスは欧州自由貿易連合(EFTA)に加盟しているが、欧州経済地域(EEA)には加盟していません。スイスとEUの間では、人やモノの移動などについての協定を締結しており、スイスはEUの法規制と同等内容の法令を制定しています。

■トルコ

トルコはEU加盟候補国です。トルコはEUとの協調関係にあり、CEマーキング等のEUの法規制に準拠した法令(法律)の整備を進めている国です。

 CEマーキングはもともと、欧州(EU)域内での物の自由流通を目的として導入されたもので、欧州(EU)域内でのモノの自由移動が阻害されていたことを解決するために1985年のニューアプローチ政策によって始まったものになります。

CEマーキングとはEEA及びトルコで流通し、使われる製品が適用を受ける「すべてのニューアプローチ指令に定められる必須要求事項」を満たしていることを示すマークのことです。

もし、ニューアプローチ指令に適合させずに、製品にCEマーキングを貼付した場合は、各国の規制当局より製品の使用停止、改善命令、製品の回収、罰金、刑事罰などが課せられます。

ニューアプローチ指令に適合しているかどうかを確かめるドキュメント(証拠書類)は、「EC適合宣言書」と「テクニカルファイル」になります。これらの書類は法律でEEA及びトルコの規制当局など、製造者以外の第三者が開示・提出の要求をすることができ、製造者には10年間の保管・開示・提出義務が課せられています。

「CEマーキングをすることのメリット」とは?

119

「CEマーキングをすることのメリット」とは?

私たちは毎日、日本全国各地の製造者様から「CEマーキングをするためにはどうしたらよいのか?」というご相談を受け付けています。そして、数あるご相談の中で最も多いものが「お客さんからCEマーキングをつけてくれと頼まれが、具体的にどうしたら良いのか?」というものです。

お客さんからこのような問い合わせがあることは、ある意味チャンスです。

なぜなら、あなたの製品をCEマーキングすることによって、その製品は欧州(EU)はもちろん、世界中に販売することが可能となるからです。

CEマーキングが始まってから20年以上が経ちましたが、今ではCEマーキングは「欧州(EU)の法律」という枠を越えて、世界中に知られる影響力のあるものになりました。

例えば、開発途上にある国や地域では、積極的に法の整備や国際規格の採用を行ってはいるものの、その実態とはかけ離れた安全規制となっています。そこで、ある国では、政府が認める認証機関や国内外の試験所に援助を要請し、それらの認証機関や試験所の適合証明書が発行されたCEマーキング付の製品の出荷を認めることで、通関の迅速化を進めています。

このことから、あなたがCEマーキングに取り組むということは、

「あなたの製品を世界中に販売するためのパスポートを得ること」

とも言い変えることができるのです。

今、あなたに問われていることはCEマーキングに取り組み、1つの商談をまとめること以上に、あなたの会社の海外戦略を真剣に考え、あなたのビジネスをさらに拡大することなのです。

006

海外認証コーディネーターによる無料相談サービス

 

consulting

面談による相談風景

弊社では無料で海外認証コーディネーターによる面談サービスを行っております。

ご予約はこちらから

*面談をご希望の際は事前に、ご予約のお電話をください。

【予約受付日時】

平日:9:00~19:00

【予約受付電話】

03-6226-2970(株式会社テンダーラビングケアサービス グローバル戦略推進室 宛)

【面談場所】

株式会社テンダーラビングケアサービス

〒104-0061

東京都中央区銀座3丁目9番19号 吉澤ビル4・5F

→地図はこちら

【出張セミナーサービス】

弊社の海外認証コーディネーターを貴社に派遣させていただき「CEマーキングの基礎知識」に関するセミナーを提供するサービスです。CEマーキングに取り組むにあたって、関係してくる部著の責任者及び担当者の「共通の理解」と「疑問点の解消」を目的にご活用いただいております。

 

「正しく」CEマーキングをするために、必要なことは何か?

「正しく」CEマーキングをするために、必要なことは何か?

「正しく」CEマーキングをするためには、

・自己適合宣言(あなたの製品が適用を受けるすべてのニューアプローチ指令の要求事項を把握し、そこに定められている方法に従って必要な評価を行い、EC適合宣言書とテクニカルファイルを用意すること)

もしくは

・欧州(EU)加盟各国が通知する通知機関(NB:Notified Body)のサポートを受ける

という手段によって、製品が欧州(EU)域内の「市場に置かれる」又は「使用される」前に、「製品」と「製品の品質管理体制」に対して、対象製品が適用を受けるすべてのニューアプローチ指令で規定されている適合性評価を実施し、それを記録した文書を用意しなければなりません。

日本でも多くの審査機関や企業の技術者が欧州(EU)のEN規格やIEC/ISO規格に精通するようになってきました。しかし、日本では、いまだに欧州(EU)のニューアプローチ指令自体に関心が向けられていません。

そのためか、自分の製品が適用を受けるニューアプローチ指令の内容を理解しないままにCEマーキングされた製品が欧州(EU)に輸出されていることも少なくありません。

その結果として、欧州(EU)現地において国家当局や通知機関(NB:Notified Body)からニューアプローチ指令への不適合点を指摘され、評価の全面的なやり直しや製品の使用停止、改善命令、そして市場からの製品回収をされてしまう事態が現実に起こっています。

 「正しく」CEマーキングするためのポイントとは?

119

「正しく」CEマーキングするためのポイントとは?

「正しく」CEマーキングするための方法は何か?

その「答え」は日本国内ではなく、欧州(EU)現地にあります。なぜなら、CEマーキングは日本の法律ではなく欧州(EU)の法律だからです。「答え」は当然、欧州(EU)にあります。

欧州(EU)の指令や規格は日々、変わっていっています。そして、その「変化の流れ」は製造者にとってより厳しい方向性になってきています。5年前、10年前に通用したやり方も今では通用しなくなっている可能性もあります。

今、現実に起きている問題としては、ある製造者がCEマーキングのコンサルティングを安価で請け負ってくれる業者に丸投げでCEマーキングを依頼したところ、欧州(EU)現地のユーザーと通知機関(NB:Notified Body)からその適合性の不備を指摘され、最終的には倍以上の費用と時間、そして労力をかけて適合性評価を全面的にやり直すことになってしまった事例が報告されています。

そのようなことを避けるためにも、下記について自分自身でもチェックすることをお勧めいたします。

・製品が適用を受けるニューアプローチ指令を十分に理解すること

*外部の事業者にサポートを依頼する場合は必ず、指令に関する説明を求めてください。

・欧州(EU)の通知機関(NB:Notified Body)をうまく活用すること

*NBは欧州(EU)の法律的な権限を持っている組織です。NBを活用することによって適合評価の信頼性を確保します。

 「CEマーキングの不適合」よりも怖い「PL訴訟問題」とは?

 「CEマーキングの不適合」よりも怖い「PL訴訟問題」とは?

「CEマーキングの不適合」よりも怖い「PL訴訟問題」とは?

CEマーキングはニューアプローチ指令への適合を示しているだけで「製品そのものの品質」を保証するものではありません。

ですので、万が一、製品の設計上の欠陥によって人身障害又は物損及び拡大損害などが起こってしまった場合には、その製品にCEマークが貼付されている否かに関係なく、一般製品安全指令や製造物責任指令上の責任が生じます。

欧州(EU)のすべてのニューアプローチ指令に明確に規定されていることには、下記の2点があります。

  1. 「製品のリスクアセスメント」を実施し、その「プロセス」と「結果」をドキュメント(証拠書類)として残すこと
  2. 取扱説明書(操作マニュアル・設置マニュアル・保守マニュアルなど)を作成すること

この規定はCEマーキングのために対応するだけでなく、PL(製造物責任)対策においても重要です。

なぜなら、事故は通常運転時だけではなく保守・メンテナンス時に発生することが多く「リスクアセスメント」と「取扱説明書の作成(特に保守マニュアルは重要です)」を事前にしっかりと行うことによって製造者は、

・事故を未然に防止する

・万が一、事故が起こってしまった場合でも責任の所在を明確にしておく

ことが可能となります。

あなたの会社を「悪意ある訴訟リスク」から守るためにも「リスクアセスメント」と「取扱説明書の作成」はしっかりと行っておきましょう。

「CEマーキング」の市場監視方法とは?

gimon01

「CEマーキング」の市場監視方法とは?

CEマーキングの大きな特徴は、製品の市場導入前の規制当局の関与を最小化する代わりに事後規制、つまり「市場に出された後の製品の適合性監視活動にそのリソースを最大限投入する」ということがあります。

したがって、はじめてCEマーキングに対応する時には製品が適用を受けるすべてのニューアプローチ指令に従って、第三者にも明確に説明のできる評価を行い、その結果をまとめた文書であるテクニカルファイル(技術文書)を作成する必要があります。

製品の製造者はEC適合宣言書とテクニカルファイル(技術文書)を作成してから10年間、それを保管する義務があり、万が一、EC適合宣言書テクニカルファイル(技術文書)の内容に疑義が生じてしまった場合は、それらを規制当局に対して迅速に提出し、説明しなければなりません。

CEマーキングを目指す製造者にとっては、まずは対象製品が適用を受けるすべてのニューアプローチ指令を特定することが、何よりも重要なこととなります。

貴社の製品が適用を受ける「ニューアプローチ指令」を確認します。

あなたの製品が適用を受ける「ニューアプローチ指令」を確認します

あなたの製品が適用を受ける「ニューアプローチ指令」を確認します

貴社の製品をCEマーキングすることを弊社では、このようにサポートすることが可能です。

  1. 貴社に代わって「貴社の製品が適用を受けるすべての法律的要求事項」を調査・確認します。
  2. 貴社に代わって、欧州(EU)はもちろんのこと、法律的な資格や権限を持つ世界中の認証機関とコンタクトを取り、製品が適用を受けるすべて法律選択の「根拠」を確かなものにします。
  3. すべてのニューアプローチ指令で要求されている「リスクアセスメントの実施及び文書化」と「取扱説明書の作成」をサポートします。
  4. 貴社に代わって、製品チェックに必要な安全試験、EMC試験を実施することができる適切な試験機関を選定します。
  5. 貴社に代わって、EC適合宣言書テクニカルファイル(技術文書)など、CEマーキングすることに必要な文書を英語で作成します。
  6. 貴社に代わって、取扱説明書の英訳を行います(オプション)

つまり、あなたはCEマーキングのためにニューアプローチ指令の内容を調べたり、整合規格についたら学んだり、リスクアセスメントの方法を習得したり、そしてテクニカルファイル(技術文書)を英語で作成したりする必要は一切ありません。

CEマーキングに関する専門知識や経験が必要なものはすべて弊社にお任せいただき、貴社には本来の業務に集中いただけるようなサポートを提供します。

事前調査のご依頼は、下記のボタンをクリックしていただくか、こちら(03-6226-2970)までお気軽にお電話をください。

estimate


『EU製品規則の実施に関する「ブルーガイド」2014』による「CEマーキングの定義」とは?

『EU製品規則の実施に関する「ブルーガイド」2014』によるCEマーキングの定義

最後に『EU製品規則の実施に関する「ブルーガイド」2014』に書かれているCEマーキングの定義をご紹介します。

『EU製品規則の実施に関する「ブルーガイド」2014』はヨーロッパ委員会が公式に発行しているニューアプローチに基づく法令の実施方法を説明する主要な基本文です。

『EU製品規則の実施に関する「ブルーガイド」2014』は、EU製品規則のより良い理解を促進すること、そして単一市場の形成に貢献することを目的に、EU全域での高いレベルの保護及び製品の自由流通を確実にするために策定された規定を通知される必要がある加盟国並びに消費者組織、標準化機関、製造者、輸入車、流通業者、適合性評価機関、労働組合に向けて書かれている文書です。

したがって、CEマーキングを正確に理解するためには『EU製品規則の実施に関する「ブルーガイド」2014』に書かれている「CEマーキングの定義」がすべての基本になります。EUの法律文を解釈するためのガイダンスなので、多少固い表現もありますが、必ず一度は目を通しておきましょう。

以下に、『EU製品規則の実施に関する「ブルーガイド」2014』の中から、CEマーキングに関するすべての定義の原文を英語と日本語を併記でご紹介いたします。

(情報源:‘Blue Guide’ on the implementation of EU product rules

4.5.1.1 CEマーキングの定義及び役割

・CEマ一キングとは、製品に適用され、「CEマ一キングを規定するEU法令」に製品が適合していることを示すものである。

The CE marking indicates the conformity of the product with the Union legislation applying to the product and providing for CE marking.

・CEマ一キングとは、製品に適用され、「CEマ一キングを規定するEU法令」に製品が適合していることを示すものである。

The CE marking indicates the conformity of the product with the Union legislation applying to the product and providing for CE marking.

・CEマ一キングは、製品のEU法令への適合を示す鍵となる表示であり(しかし、証明ではない)、製品がEEA、トルコ で製造されるか又は他の国で製造されるかに拘らず、製品の欧州市場内の自由移動を可能にするものである。EEA加盟国(EEA—EU加盟国及びいくつかのEFTA国:アイスランド、ノルウェー、リヒテンシュタイン)は、製品不適合の証拠に基づく措置が正当化されない限り、CEマ一ク表示製品の上市を制限することは容認されない。これは、また、製品が第三国で製造されEEAで販売される場合にも適用される。

The CE marking is a key indicator (but not proof) of a product’s compliance with EU legislation and enables the free movement of products within the European market, whether they are manufactured in the EEA, Turkey or in another country.Member States of the European Economic Area (EEA – EU Member States and certain EFTA countries: Iceland, Norway, Liechtenstein) are not allowed to restrict the placing on the market of CE marked products, unless such measures can be justified on the Basis of evidence of the non-compliance of the product.

This also applies to products made in third countries which are sold in the EEA.

・CEマ一キングは、製品がEUで製造されたことを表すものではない。CEマ一キングは、当該EU整合法令文に規定 された要求事項への適合を表すものである。そのため、他の関係者(例えば、流通業者)だけでなく、加盟国当局にも必要不可欠な情報であると考えられている。CEマ一キングは、商業目的に使用されるものではなく、販売ツールではない。

CE marking does not indicate that a product was made in the European Union. The CE marking indicates conformity with the requirements laid down by the Union harmonisation text(s) in question. Therefore, it is to be considered as essential information to Member States’ authorities as well as other relevant parties (for example distributors). CE marking does not serve commercial purposes i.e. it is not a marketing tool.

・CEマ一キングは、広義の適合性評価を含む全体手続きの目に見える結果であり、製品がEU整合法令に適合していることを製造者によって宣言されることを示している。

CE marking is the visible consequence of a whole process comprising conformity assessment in a broad sense and indicates that a product is declared by the manufacturer as in conformity with Union harmonisation legislation.

 4.5.1.3 誰がCEマーキングを貼付できる(できない)のか

・CEマーキングは、製造者(EU域内又は域外に設立)、又はEU域内で設立された認定代理人が表示する。

The CE marking is affixed by the manufacturer (established inside or outside the Union), or by his authorised representative established within the Union.

・CEマ一キングを貼付することによって、製造者は、全責任において、製品が全ての適用されるEU法令の要求を満たしていること、且つ、適切な適合性評価手続きが良好に完了していることを宣言している。

By affixing the CE Marking the manufacturer declares on his sole responsibility that the product conforms to all applicable Union legislative requirements, and that the appropriate conformity assessment procedures have been successfully completed.

・製造者は、EU域内に設立されているか否かに拘らず、製品のEU法令の規定への適合及びCEマーキングの貼付の最終責任を負うものである。製造者は、製造者に代わってCEマーキングを貼付するための認定代理人を指名することができる。

The manufacturer, whether established inside or outside the Union, is the entity ultimately responsible for the conformity of the product with the provisions of the Union harmonisation legislation and for the affixing of the CE marking.The manufacturer may appoint an authorised representative to affix the CE marking on his behalf.

・CEマーキングを貼付することによって、製造者は、全責任において《また、第三者が適合性評価手続きに関与したか否かに関わらず)、製品がCEマ一キングを達成するための全ての法的要求を満たしていることを宣言している。

By affixing the CE marking on a product, a manufacturer is declaring, on his sole responsibility(and irrespectively of whether a third-party has been involved in the conformity assessment process), conformity with all of the legal requirements to achieve CE marking.

・輸入者、流通業者又は他の事業者は、自身の名称又は商標で製品を上市したり、又は改造する場合、製造者の任を負う。これには、製品の適合及びCEマーキングの貼付の貴任を含む。この場合、彼等は、CEマーキングの貼付によって法的責任を負うため、製品の設計及び生産に関する十分な情報をもっていなければならない。

If the importer or distributor or another operator places products on the market under his own name or trademark or modifies them, he then takes over the manufacturer’s responsibilities. This includes the responsibility for the conformity of the product and the affixing of the CE marking . In this case he must have sufficient information on the design and production of the product, as he will be assuming the legal responsibility when affixing the CE marking.

4.5.1.4「CEマーキング」の貼付規則

・CEマ一キングは、製品又はその製造銘板に、見易く、読み易く、消えにくいように表示し なければならない。しかしながら、製品の性質上、製品に表示することが不可能か又は保証できない場合は、梱包があれば梱包、及び/又は同梱の文書に表示しなければならない。CEマーキングは、原則的に、製品が適用を受けるEU整合法の全規定に適合することを確実にするため、適合性評価手続きが完了するまで表示できない。

The CE marking must be affixed visibly, legibly and indelibly to the product or to its data plate. However, where this is not possible or not warranted on account of the nature of the product, it must be affixed to the packaging, if any, and/or to the accompanying documents . The CE marking may not, in principle, be affixed until the conformity assessment procedure has been completed to ensure that the product complies with all the provisions of the relevant Union harmonisation acts.

・この表示は、通常、製造の最終段階で行われる。これは、例えば、CEマ一キングが製造銘板に表示されている場合は、製造銘板が最終検査の終了後に取り付けられれば問題はない。しかしながら、(例えば)CEマ一キングが印刷又は鋳造による場合、製品の適合が製造過程の要素として検証されれば、そのマ一キングは製造過程の途中で表示することができる。

This will usually be at the end of the production phase. This poses no problem if, for example, the CE marking is on a data plate that is not affixed to the product until after the final inspection. However, if (for example) the CE marking is affixed by stamping or casting, the marking can be affixed at any other stage of the production phase, provided that the conformity of the product is verified as part of the production process.

・見易くという要求は、CEマ一キングが全ての当事者に簡単に視認できなければならないことを意味している。それは、例えば、製品の裏面又は下面に表示することもできる。読み易くするために、最小寸法は5mmであることが求められている。しかしながら、法令によっては、CEマ一キングの最小寸法は小型の装置又はコンポーネントに対して緩和される。

The requirement for visibility means that the CE marking must be easily accessible for all parties. It could, for instance, be affixed on the back or underside of a product. A minimum height of 5 mm is required to ensure that it is legible. However according to the several pieces of legislation the minimum dimension of the CE marking may be waived for small devices or components.

・CEマ一キングは、見易く、読み易く、その比例を保持すれば、異なる様式(例えば、色、立体/彫り込み)をとることができる。それはまた、正常の状態では、痕跡を残さずに除去することができないように、消えにくくされなければならない(例えば、水及び軽油による摩擦試験を使用する製品規格もある)。それでも、CEマ一キングは、製品と一体でなければならない訳ではない。

The CE marking can take different forms (e.g. colour, solid/hollow) as long as it remains visible, legible and respects its proportions.It must also be indelible so that it cannot be removed under normal circumstances without leaving noticeable traces (for example some product standards provide for a rub test with water and petroleum spirits). Nevertheless, this does not mean that the CE marking must form an integral part of the product.

・しかしながら、製品に表示することが不可能な場合(例えば、あるタイプの爆発物)、又は合理的で技術的、経済的な観点から可能ではない場合がある。更に、最小寸法が守れない場合、又はCEマ一キングを見易く、読み易く、消えにくいような表示が確実にはできない場合がある。

However in certain cases affixing of the CE marking to the product is impossible (for example on certain types of explosives) or not possible under reasonable technical or economic conditions. Furthermore there can be cases where the minimum dimensions for the affixing cannot be respected, or it cannot be ensured that the CE marking is visibly, legibly and indelibly affixed.

・このような場合は、梱包があれば梱包に、及び/又は当該EU整合法令が同梱文書を規定している場合は同梱される文書に、CEマークを表示することができる。製品へのCEマ一キングは、単にデザイン的な理由で、製品に表示しないことや、梱包又は同梱文書にしか表示しないということは認められない。

In such cases, the CE marking can be affixed to the packaging, if it exists, and / or to the accompanying document, where the Union harmonisation legislation concerned provides for such documents. The CE marking on the product may neither be omitted nor be moved to the packaging or accompanying documents on purely aesthetic grounds.

 4.5.1.5ノーティファイドボディの識別番号表示を伴う CEマーキング貼付

・適用EU整合法令に基づく生産管理段階でノーティファイドボディが関与する場合、その識別番号は、CEマ一キング の次に表示しなければならない。製造者又は認定代理人は法令で要求される場合、ノーティファイドボディの責任の下で識別番号を表示する。

Where a notified body is involved in the production control phase according to the applicable Union harmonisation legislation, its identification number must follow the CE marking. The manufacturer or the authorised representative affixes the identification number if the legislation so requires, under the responsibility of the notified body.

・ノーティファイドボディは、適用される適合性評価手続きに基づき生産段階で関与できる。ノーティファイドボディが生産段階に関与した場合のみ、ノーティファィドボディの識別番号は、CEマ一キングの次に表示しなければならない。

A notified body may be involved in the production phase, depending on the conformity assessment procedures applied. The CE marking must be followed by the identification number of the notified body only if it is involved in the production phase.

4.5.1.6 CEマークが必要な(禁止される)製品

・CEマーキングは、製品が上市される前に貼付されなければならない、但し、特定のEU整合法令が他を要求する場合はこの限りではない。

The CE marking must be affixed before any product subject to it, is placed on the market, save where specific Union harmonisation legislation requires otherwise.

・製品がCEマ一キング貼付を規定する複数のEU整合法に従っている場合、マ一キングは、その製品がこれら全ての法律の規定に適合していると宣言されることを示している。

Where products are subject to several Union harmonisation acts, which provide for the affixing of the CE marking, the marking indicates that the products are declared to conform to the provisions of all these acts.

・CEマ一キング貼付を規定するEU整合法令で力パーされない製品には、CEマ一クを表示することができない。

A product may not be CE marked, unless it is covered by a Union harmonisation legislation providing for its affixing.

・全ての製品にCEマ一キングをしなければならないことではない。CEマーキングの貼付義務は、CEマ一キング貼付を規定する法令の適用範囲内にあり、且つEU市場向けを意図した全製品に対して課せられる。即ち、CEマ一キングは、次の製品に表示しなければならない。

Not all products have to be CE marked. The obligation to affix the CE marking extends to all products within the scope of legislative acts providing for its affixing, and which are intended for the Union market. Thus, the CE marking must be affixed:

・加盟国で製造されたか、第三国で製造されたかに拘らず、CEマ一キングを規定する法令に従う全ての新製品

to all newly manufactured products that are subject to legislation providing for CE marking, whether manufactured in the Member States or in third countries;

・第三国から輸入され、CEマ一キングを規定する法令に従う使用済み又は中古製品

to used and second-hand products imported from third countries that are subject to legislation providing for CE marking;

・CEマ一キングを規定する法令に従い適用される整合法令への適合、又は安全性に影響を及ぼすような改造製品

A product may not be CE marked, unless it is covered by a Union harmonisation legislation providing for its affixing.

・場合によって、製品は特定のEU整合法の目的の最終品と考えられ、CEマークがされなければならない。その後、同 じ製品がCEマ一キングを要求する他のEU整合法に従う別の最終製品に組込まれることがある。これは、1つの製品に複数のCEマークが見つかる状態が生じる。

In some cases, a product is deemed final for the purposes of a particular Union harmonisation act and has to be CE marked. This same product then is incorporated in another final product which is itself subject to another Union harmonisation act which also requires CE marking. This produces a situation where more than one CE marking can be found on a product.

・CEマーキングを一般的に規定するEU整合法令において、いくつかの製品ではCEマーキングの適用が除外される。 一般的規則として、次のような製品は自由流通できる。

Union harmonisation legislation providing in general for CE marking may exclude the application of the CE marking on certain products. As a general rule, such products are subject to free circulation, if:

・a.次が添付される。

・機械指令に従う半完成機械の組込み宣言書。

・レジャー用ボート指令での半完成ボートの適合宣言書。

a. They are accompanied by:

・a Declaration of incorporation for partly completed machinery, according to the Machinery Directive;

・a Declaration of conformity in the case of partly completed

boats referred to in the Directive on recreational craft.

・b.防爆機器指令(ATEX)で定義されるコンポ一ネントに添付される適合証明書。

b. They are accompanied by an attestation of conformity in the case of components as defined in the Directive on equipment and protective systems intended for use in potentially explosive atmospheres (ATEX).

・c.次の声明書が添付される。

・埋込式能動医療機器及び医療機器指令で示された注文生産の医療機器及び医学検査機である旨。

・インビトロ診断用医療機器指令で示された性能評価用装置である旨。

c. They are accompanied by a statement in the case of:

・custom-made medical devices and devices intended for clinical investigations referred to in the Directives on active implantable medical devices and medical devices;

・devices intended for performance evaluation referred to in the Directive on in vitro diagnostic medical devices.

d.ガス燃焼器具指令で示された器具について、適合証明書が添付される。

d. They are accompanied by a certificate of conformity in the case of fittings referred to in the Directive relating to gas appliances.

e.非自動はかり指令に基づく計量器で、適合性評価の対象にならず製造者名及び最大容量が表示される。

e. The product bears the manufacturer’s name and an indication of maximum capacity in the case of instruments subject to conformity assessment according to the Directive relating to non-automatic weighing instruments.

f.単純圧力容器指令及び圧カ機器指令で示された特定の容器で、適切な技術対応に従って製造されたもの。

f. The product is manufactured in accordance with sound engineering practice in the case of certain vessels referred to in the Directives relating to simple pressure vessels and pressure equipment.

4.5.1.7 CEマーク及び他のマーク

・CEマーキングは、その表示を規定するEU整合法令への適合を象徴する唯一のマークである。

The CE marking is the only marking of conformity indicating that a product is in conformity with Union harmonisation legislation that applies to it and provides for CE marking.

・加盟国は、国家規則に、CEマ一キングと重複するような他の適合マーキング参照を導入することは、差し控えなければならない。

Member States must refrain from introducing any reference to another conformity marking into their national regulations, which would overlap with the CE marking.

・追加するマ一キングやマ一クの製品への表示は、CEマーキングと異なる機能を果たしていて、CEマーキングと 混同される恐れがなく、且つCEマ一キングの判読性と見易さを損なわない場合に認められる。

A product may bear additional markings and marks, provided that they fulfill a different function from that of the CE marking, are not liable to cause confusion with it, and do not reduce its legibility and visibility.

4.5.1.8 制裁

・加盟国は、CEマーキング制度が正しく実施されることを確実にし、マークの誤った使用に対する適切な措置を講じなければならない。

Member States have to ensure the correct implementation of the regime governing the CE marking and take appropriate action in the event of improper use of the marking.

・加盟国は、また、重大な違反に対する刑事罰を含む罰則規定を設けなければならない。

Member States have to also provide for penalties for infringements, which may include criminal sanctions for serious infringements.

・加盟国は、CEマ一キングの誤った貼付による自由流通の制限措置を決定した場合、又はCEマーキングが貼付された不適合製品の責任者に措置を講じた場合、欧州委員会及び他の加盟国へ通知しなければならない。

A Member State must notify to the Commission and to the other Member States when it decides to restrict free movement due to incorrect affixing of the CE marking, or when it takes action against those who are responsible for a non-compliant product bearing the CE marking.

・加盟国は、その国内法令において、CEマ一キングの悪用及び誤使用を防ぐため、また、悪用又は誤使用が発生する状況を是正するため適切な措置を規定しなければならない。この措置は違反の程度に応じて効果的で釣合いがとれ、 また、抑止的であることが必要で、関連事業者が過去に類似の違反を犯している場合は重くすることができる。措置は、製品の回収、リコール、ペナルティ一及び必要なときはいつでも刑事罰(罰金や懲役のような)を含むことができる。

Member States must provide in their national legislation for appropriate measures both to prevent the abuse and misuse of CE marking, and to redress the situation if such abuse or misuse takes place. Those measures need to be effective, proportionate to the seriousness of the offence and dissuasive and may be increased if the relevant economic operator has previously committed a similar infringement. They may include withdrawal, recall of products, penalties and criminal sanctions (such as fines and imprisonment) wherever necessary.

・措置は、市場監視当局が製品に関してリスクを引き起こすか又は適用法令を満たさないことを発見したときに、講じられる他の措置を侵害することがないように科せられる。更に加盟国は、措置が実施されることを確実にしなければならない。

The measures are imposed without prejudice to other measures taken where the market surveillance authorities find that a product presents a risk or does not comply with the applicable legislation. Furthermore Member States must ensure that the measures are implemented.

・この点において、どのEU整合法令にもCEマ一キングの貼付規定がカバ一されない製品へCEマ一キングを貼付することは、例えば、消費者又は使用者が、当該製品はいくつかのEU安全規定を満たしているとの印象を抱く恐れがあるため、詐欺行為と考えられる。そのため、所管当局はCEマ一キングの誤解を招く使用に対して措置できる自由裁量の法令手段を有しなければならない。措置は、またCEマーキングを付けた不適合製品の責任者に対しても講じられなければならない。

In this respect the affixing of the CE marking to a product that is not covered by any of the Union harmonisation legislation providing for its affixing is considered to be deceiving because consumers or users, for instance, are likely to get the impression that the product in question satisfies certain Union safety provisions. Competent authorities must, therefore, have at their disposal legal instruments that enable them to act against the deceptive use of CE marking. Action must be taken also against those responsible for

a non-compliant product bearing the CE marking.

・加盟国は、CEマ一キングの不正貼付による自由流通の制限の決定、及び不適合製品にCEマ一キングを貼付した責任者に対する措置を欧州委員会及び他の加盟国へ伝達しなければならない。同様の措置が必要か否かの決定は、他の加盟国に任される。CEマーキングが要求されない製品に不正にCEマ一キングが貼付された場合、加盟国は欧州委員会及び他の加盟国へそれを連絡すべきである。

A Member State must inform the Commission and the other Member States of its decision to restrict free movement due to incorrect affixing of the CE marking, and of its action against the person responsible for affixing the CE marking to a noncompliant product. It is then up to the other Member States to decide whether or not similar action is necessary. In the case of unduly affixed CE marking to products not subject to the CE marking requirement, Member State should inform the Commission and the other Member States about it.

4.5.2 他の強制マーキング

・CEマ一クと重複せず補完する追加マークを規定するいくつかのEU整合法令がある。EU整合法令に従い、例えば、使用分類を表す絵文字又はマークはCEマーキングを補完するが、その一部分ではなく、 置換えるものでもない。次の例がある。

Several pieces of Union harmonisation legislation foresee additional markings that are complementary and non-overlapping to the CE marking. Pictograms or other markings indicating, for instance, the category of use are, according to some Union harmonisation legislation, complementary to the CE marking but do not form part of it or replace it. Some examples:

・エネルギー関連製品のためのEUエネルギーラベル

the EU energy label for energy-related products;

・潜在的な爆発棼囲気での使用を意図した機器及び保護システムに必要な爆発保護の特別マ一ク

the specific marking of explosion protection required for equipment and protective systems intended for use in potentiallyexplosive atmospheres;

・船舶機器指令の特別適合マーク(操舵輪の形状)(CEマ一キングの代替)

the specific conformity mark (in the form of a ship’s wheel) of the marine equipment directive (instead of the CE marking)

・無線機器に要求される機器識クラス(クラス2)

the equipment class identifier required for radio equipment (Class 2);

・移動用圧力機器に要求されるパイマ一ク(CEマ一キングの代替)

the “Pi” marking required for transportable pressure equipment (instead of the CE marking);

・計量器及び非自動はかりに要求される補完的な度量衡マ一キング

the supplementary metrology marking required for measuring instruments and non-automatic weighing instruments.

相互リンクについて

当サイトへのリンクはフリーです。全てのページに対し許可は必要ありません。当社では「CEマーキング」に関する最新情報を常に入手し、更新しています。本サイトの情報を広く、お役立ていただけましたら幸いです。

当サイトでは相互リンクを広く募集しております。

但し、アダルト系サイト、出会い系サイト、公序良俗に反する団体・個人、詐欺、ねずみ講、ネットワークビジネス、誹謗中傷等が多いサイト、等からの相互リンクはお断わりしています。

当サイトとの相互リンクをご希望の方は、以下の当サイトのリンクをお貼り頂いてからメールにてご連絡をお願いします。

メールアドレス:info@tenderlove.co.jp

タイトルCEマーキング
URLhttp://tenderlove-pcb.biz/ce-marking
紹介文CEマーキングとは、CEマークとは、CEマーキング取得、CEマーク取得

株式会社テンダーラビングケアサービス
グローバル戦略推進室
TEL 03-6226-2970 受付時間 :9:00~18:00 (土・日・祝日除く)
お問い合わせ先:global@tenderlove.co.jp

CEマーキングの実務の基本

PAGETOP
Copyright © Tender Loving Care Services co.,ltd All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.