CEマークとは、EU加盟国に製品を輸出する際に、安全基準を満たしていることを証明するマークです。テンダーラビングケアサービスでは、CEマーキングの支援サービスを行っております。

CEマーキングにおける「輸入業者」と「流通業者」の法的義務とは何か?

「輸入業者」と「流通業者」の法的義務とは何か?

CEマーキングは、製造者だけのものではありません。

 

欧州の法律では、製造者だけでなく「輸入業者」や「流通業者」に対しても義務が課されていることをあなたは知っていますか?

 

では、その義務とは何でしょうか?

 

「製造者」が製品を法律に適合させて、CEマーキングを貼付することが義務付けられているのに対して、その製品の「輸入業者」と「流通業者」は、製品が製造者が宣言するように、本当に法律に適合していて、CEマーキングが貼付されているのかを確かめる義務があります。

 

なぜ、そのような義務が課されているのでしょうか?

 

それは、製品の使用者や消費者の健康、安全、そして環境を守るためだけでなく、同一のルールに基づいて、市場関係者が「公平な競争」ができるようにするためです。

 

ルールがあるのに、それを破る企業が出てきてしまったら、市場は成り立たなくなってしまいますよね。

 

このような理由から欧州の法律では、製品の「輸入業者」や「流通業者」に対しては、彼らが取り扱う製品が適用を受ける指令の最低限の知識を持って「製品を規制する役割を担う国家当局」をサポートする役割を担うように義務付けているのです。

 

欧州の法律は「輸入業者」に対しては、万が一、国家規制当局から要請があった際に必要なドキュメントがすぐに提出できるように「製造業者」から「EU適合宣言書」や「テクニカルファイル(技術文書)」などの必要なドキュメントを手に入れることができるようにしなさいと言っています。つまり、「輸入業者」は常に製造者に対して常に、CEマーキングに対する問い合わせができる状態になっていなければなりません。

 

「流通業者」も「製造者」や「輸入業者」と同じく、自分たちが扱っている製品が市場や顧客に対して悪影響を与えていないかについて、相当な注意を払う義務があります。「流通業者」は自分たちが取り扱う製品が「テクニカルファイル(技術文書)」を伴うCEマーキングが必要なのかについて、基本的な知識を持つ必要があります。

 

なぜなら、「流通業者」も国家の規制当局に対して、「輸入業者」や「製造業者」が適切な義務を果たしていのかどうかについて、協力する義務があるからです。

 

これは実際の事例ですが、ある欧州の電気・電気部品をインターネットを介して販売している「流通業者」がCEマーキングに対応していないメーカーの製品を販売停止にするということがありました。

 

この背景には、国家の規制当局による規制の影響も少なからずあるのではないかと思います。

 

それから、もし、「輸入業者」や「流通業者」が、自らの名前で製品を市場に出す場合は製造者と同等の責任を負い、設計から製造、までCEマーキング貼付を含む法的な責任を果たさなければなりませんので、注意が必要です。

 

CEマーキングが始まってから20年以上が経ちましたが、「製造者」だけでなく「輸入業者」や「流通業者」に義務が課されるなど、より欧州市場全体の監査が厳しくなる方向にありますので、CEマーキングをする際は正しい情報に基づき、最新の注意を払って行うようにしましょう。

 

株式会社テンダーラビングケアサービス
PCB推進部
TEL 03-6226-2970 受付時間 :9:00~18:00 (土・日・祝日除く)
お問い合わせ先:global@tenderlove.co.jp

CEマーキングの手引書

CEマーキングの実務の基本

PAGETOP
Copyright © Tender Loving Care Services co.,ltd All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.