040

こんにちは。

 

テンダーの藤ノ木です。

 

振り返ってみると、日頃からCEマーキングの実務をやっているくせに、CEマーキングに関するセミナーは一切やっていないことにふと、気がつきました。

 

「なんで、テンダーさんは定期的にCEマーキング・セミナーやらないの?開催したら行くよ。テンダーさんの営業にもなるでしょ?」

 

有難いことにこんなふうに、皆さんから声をかけてもらえていたのですが、

 

「なんで・・・、でしょうね~」

 

なんて言いながら、はぐらかしていました。

 

もちろん、セミナーをやらないことには、明確な理由がありました。

 

それは、CEマーキングは具体的な実務になると対象製品によって、やることが大きく違ってきてしまうからです。

 

例えば、産業機械と医療機器では、やることは全く違います。

 

同じ製品でも「実は、医療用途でも使いたいです!」なんて言われると、適用する法律や規格、試験内容まですべて変わってしまいますので、とても大変なことになってしまいます。

 

それを無理に、どんな製品にでも当てはまるようにしてしまうとセミナー内容が薄まってしまいます。

 

 

薄いカルピスは、飲んでもおいしくないですよね・・・。

 

CEマーキング・セミナーもそれと同じです。

 

そんなわけで、私たちはほとんど、CEマーキングの実務だけを行っていたのですが最近、あるきっかけがあって、考え方が変わりました。

 

「セミナーって凄い!」って思うようになりました。きっかけはこうです。

 

あるお客さんから、「どうしても社内でCEマーキング・セミナーを開催して欲しい」と頼まれたんです。

 

普段は「とにかく早くCEマーキングしたいので、実務をはじめてください」と言われることが多いので思わず、

 

「なんでですか?」

 

と理由を聞いてしまいました。すると、こんな答えが返ってきました。

 

「いや~、CEマーキングについてインターネットで勉強したり、色々なセミナーを受けたり、コンサルに相談したりしたんだけど、社内の上司や関係部署が納得するように、うまく説明できないんだよ」

 

これを聞いて、「確かにそうかな」と思いました。

 

私たちは、毎日のようにCEマーキングの実務を行っているので当たり前のことですが、そうでないほとんどの人にとっては、よほどのCEマーキング・マニアでない限り、理路整然とCEマーキングについて説明することは難しくて当然です。

 

 

できるとすればきっと、その人はCEマーキング・マニアか天才です(笑)

 

 

なぜなら、CEマーキングはEU(欧州)の法律ですので究極的に、正しくCEマーキングするためには、EU(欧州)の法律文を直に読んで、そこに何が書いてあるかを確認する必要があるからです。

 

 

*あまり大きな声では言えませんが、CEマーキングのコンサルタントをやっている人でも、法律の原文をしっかり読み込んで、コンサルを行うような気合いの入った人は多くはありません。

 

 

そこで、CEマーキングに関わる人を全員を集めて、2時間+1時間(質疑応答)のセミナーを行いました。

 

 

内容も一般的なものは排除して、その会社にとって必要なことのみを詰め込んだカリキュラムを事前に作り込みました。

 

 

その結果、信じられないようなことが起こりました。

 

 

セミナーには会社の広報担当、法務担当、品質保証担当、設計担当、営業担当、そして役員と様々な役割の人たちが出席していたのですが、セミナー後すぐにCEマーキングのプロジェクト・チームが立ち上がり、わずか1ヵ月半でCEマーキングすることに成功したのです。

 

 

しかも、CEマーキングするための「費用」や「労力」も通常の3割減でできてしまったので、驚きです。

 

 

私たちがお手伝いさせていただいたことは、確かな情報源を提供すること、それから、CEマーキングの実務に役立つツールを提供することぐらいでした。

 

 

そんな背景もあって、このCEマーキング・セミナーだったら、多くの人に活用してもらえるのではと思い、

 

「1日でCEマーキングについて完全理解することができるセミナー」

 

を作りました。

 

 

今、CEマーキングについて真剣に検討している方、それから今後、CEマーキングを

して、もっと世界に製品を販売していこうと思っている方にもピッタリの内容です

のでぜひ、チェックしてみてください。

↓↓↓

上記のセミナーは終わりました。