今朝の日経新聞の記事に、

「日本と欧州連合(EU)は電気機器や自動車など主要工業品の安全基準を相互承認する」

との掲載がありました。

輸出先の国での認証手続きを不要にし、日本国内でEU基準の審査もできるようにすることで、輸出企業の審査項目を大幅に減らすことを見込んでいるそうです。

対象品目は日EUの貿易額の5割を占め、将来は基準を統一し、日欧の工業製品の安全規格を統合することも検討されています。

記事の詳細はこちら